この世の不思議ちゃんねる

オカルト、宇宙、UMA、不思議な話題、端から全部、まとめていきます。。

【続報】戦艦「武蔵」、3月13日に無人探査機の映像をネットで生中継!

:名無しさん@1周年 :2015/03/12(木) 05:53:40.82 ID:ZFRRaCr+O

これは見たい・・・・・・テレビねぇや


続きを読む

後味の悪い話 ドラマ相棒にあった話

55 :本当にあった怖い名無し : ID:DZUYDzAN0

ウィリアム・イースタリー『エコノミスト、南の貧困と戦う』

著者は、15年間世界銀行で貧困国への支援プロジェクトなんかを担当していた人物で、
この本はその経験をまとめたもの。
過去の貧困国支援が失敗した経緯を分析して改善策を提案する本なので
全体的に重いんだけど、その中でも特に読んでて痛かったのが
「貧困層が多く困窮度合いのひどい国ほど優先的に手厚く支援する」
方針が破綻する経緯をつづった箇所。

失敗する原因はとても単純。
この方針では、国民の困窮が深刻なほど多くの支援が受けられる。
ここでこうした国の指導者の立場に立って考えてみると、
国内の貧困層が減れば自分が受け取る資金が減り、
貧困層が増えれば自分が受け取る資金は増えることになる。
さて、この指導者は、国内の貧困層を減らすほうに努力するか、
それとも増やすほうに努力するか?
言うまでもないよね、と。

筆者の結論
「逆説的にだが、もし(貧困撲滅を目的とした)援助供与の決定が、
貧困層に配慮しない冷酷な機関にゆだねられたとしたら、
援助受取国における貧困層の生活水準は上がるだろうと考えられる。」

・・・・苦いよ('A`)


続きを読む

【閲覧注意】五億年ボタン押す派のやつちょっとこい

:名無しさん@おーぷん :2014/10/06(月) 00:03:20 ID:jmdXz2Lw7

ご褒美じゃないか


続きを読む
ギャラリー
  • 知識は本やら何やらで得られるけど、知識の使い方はどうやって得てる?
  • 怖い話まとめ総集編【長編・短編・実話・都市伝説】
  • 鬱を一発で治す方法見つけたったwww
  • 第一印象「カッパ」
  • いつかの霊感強すぎて神社クビになった神職だけど神社についての質問ある?
  • 第一印象「カッパ」
  • 学校の先生「世の中はお金が全てじゃないですよ?」←これ信じてもいいの?
  • 【人工知能】AI、ついに囲碁まで… 一気に人間を抜き去る「シンギュラリティ」は近い?
  • おもんさま
最新コメント
楽天市場
QRコード
QRコード
Amazonライブリンク
相互リンク 募集

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ