2012/12/24(月) 09:35:52.19

いつの時代もそこにある異界、山。
知られざる深山、身近な里山、神社仏閣の「お山」、あるいは昔山や丘だった場所…
山にまつわる怪談・奇談を語っていきましょう。

※ここは実話のみのスレではなく昔話、伝聞何でもありです。
※嵐はスルーでよろしく>ALL


前スレ
∧∧山にまつわる怖い・不思議な話Part65∧∧
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1351381985/

有志まとめサイト(”管理”人 ◆5TH.rvJzlM 様)
http://yamakowa.fc2web.com/frame.html

山怖まとめサイト2(Part19〜)
http://hp.kutikomi.net/yamakowa



439   2013/01/06(日) 20:11:42.69

サカキバラって学会員だったっけ?


768   2013/01/21(月) 21:04:06.21

森のクマさん


771   2013/01/21(月) 22:09:33.81

それ、特定された個体のクマだろ。
今に居るわけでなし。


772   2013/01/21(月) 22:15:55.66

>>771

戸川幸夫によれば、コブグマはそれ自体がツキノワグマから独立した種であるらしいぞ
なんだったかで、明らかにその足跡とは別の個体と思われるコブグマの足跡を見つけたとも言ってるし

例えば鹿用のくくり罠に引っかかって、足をワイヤーによって切断されたりすると、その傷口がコブ状になることはあるらしい
けれど「これは間違い無くコブグマの足跡だ」と言われる足跡にはそれぞれ違いがあるので、戸川氏はコブグマを複数の固体が要る
ツキノワグマとは違う種の動物であるとして予想したようだ

このコブグマは、冬眠明けに便通を良くするためにクマが齧りに来るミズバショウを齧ろうとするらしいが、
あまりに体が大きく足が湿地に潜ってしまうため、ミズバショウの周辺をウロウロしている足跡が見つかるらしい



直木賞を受賞した熊谷達也の『邂逅の森』にも最後このコブグマが出てくる


773   2013/01/21(月) 23:16:10.22

>>772

「複数の」って一種が存続するんなら少なくはないだろ
なのに資料は伝承?変じゃないか


774   2013/01/21(月) 23:23:33.42

>>773

そこまではわからねぇ。とにかく、そういう明らかに普通の月の輪とは違うクマが秋田に実在していたという話だ

あまりにも噂すぎるので書かないが、どうもその昔の北東北にはツキノワとヒグマの雑種と思われる、獰猛な赤毛のクマがいたともいう
その程度の、科学的には説明を求めるのも愚かしいぐらいの伝承だと思って聞いてくれ


800   2013/01/23(水) 02:41:27.68

>>774

三毛別の羆事件読んでみれ


776   2013/01/21(月) 23:31:04.60

>>774

個人的には好きなんだよ
雑種の熊なんてワクワクするじゃないか
http://u111u.info/jT66

777   2013/01/21(月) 23:36:25.56

>>776

ちなみに、マタギたちも本州にアカグマはいないというのは当然知っていたが、
この「赤毛のクマ」はツキノワと比べてたちが悪く、好んで家畜を襲ったことからいつしかこれらがヒグマの血を引いているのだと考えたらしい


このクマはマタギたちとの熾烈な生存競争の末に、明治期にはほぼ絶滅せしめられたというから、今となっては真偽は闇の中だ


引用元:http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1356309352/