2018/08/10(金) 22:20:23
史上最年少で通算100局を達成、勝率では歴代1位タイの記録を出した藤井聡太七段
その100局の将棋を分析してみました


  2018/08/10(金) 22:22:10
期待
  2018/08/10(金) 22:25:15





2016年12月24日、それまでプロ昇段の最年少記録を持つ加藤一二三九段とのデビュー戦以来29連勝を達成
そこから2年かからずに100局まで対局数を伸ばした

成績は85勝15敗、勝率は0.850

こうして見ると昇段がぎゅっとしてる
  2018/08/10(金) 22:27:45





先後別で見ると先手で39勝4敗、後手で46勝11敗
先手よりは勝率の落ちる後手番での対局が少し多かったようだ
  2018/08/10(金) 22:33:15
お次は棋戦別での白星、黒星








順位戦、そして初参加で優勝した朝日杯では未だ負けなし
全体的な傾向として持ち時間の長い棋戦での勝率の方が高いように思われる


参考(各棋戦持ち時間)




  2018/08/10(金) 22:39:04
続いて対戦相手別に











(対局時点)

プロになりたてでもちろん予選からのスタートになるため、対戦相手は自身の所属するC2、6組の相手が多い
勝率ではやはりA級、1組の棋士にはまだまだ苦戦している事がわかる
11   2018/08/10(金) 22:40:45
参考資料

12   2018/08/10(金) 22:43:35
やっぱ化け物やなこいつ
A級上位~の実力やろすでに
13   2018/08/10(金) 22:44:24
次は戦型別








基本的に藤井七段は居飛車党で
先手番では相居飛車、対抗系がほぼ五分五分
後手番だと相居飛車が3/4程度

今はあまりオールラウンダーがいない事を考えると振り飛車党と当たるのは先手番の方が多い程度の事しか分からない
14   2018/08/10(金) 22:45:56
居飛車か振り飛車ぐらいしかせんってことか?
15   2018/08/10(金) 22:46:37
>>12
B1なら勝ち越しはできそう、A級はまた次元が違ってくるからどうなるか分からんやろね
順位戦だけ強い棋士みたいな人もおるから
16   2018/08/10(金) 22:47:22
>>14
藤井七段は居飛車しか指してないで
対抗系になるか相居飛車になるかは相手次第や
17   2018/08/10(金) 22:48:06
藤井5段とか一瞬で消えたけど今何してんのやろな
18   2018/08/10(金) 22:48:33
対抗系は相居飛車に比べて勝率悪いイメージ
ワイが対抗系しかみないからかもしれんが
19   2018/08/10(金) 22:50:33
おんJってたまに将棋ガチ勢おるよな
20   2018/08/10(金) 22:50:37
次は相居飛車での戦型選択






先手番では相掛かりを除いてほぼ同数程度採用しているのに比べ
後手番では相掛かりか矢倉/雁木か角換わりのみ

これは藤井七段が後手番では2手目に必ず8四歩を採用するためだろう
21   2018/08/10(金) 22:51:55
後手横歩ってあんまりよくないんか?
22   2018/08/10(金) 22:51:58
>>18
研究しづらいからとかあるんかね
23   2018/08/10(金) 22:53:33
>>22
穴熊嫌いとか(適当)
24   2018/08/10(金) 22:53:35
ガチすぎて草
参考にしようにも知識が足りん
25   2018/08/10(金) 22:54:34
>>18
これほんまにそうなのか知りたい
師匠が振飛車党でよく指してるのに対抗型の戦績が悪かったらちょっと・・・
27   2018/08/10(金) 22:55:17
>>4
先手勝率エグくて草
28   2018/08/10(金) 22:57:08
84歩は中飛車を呼ぶからなぁ
中飛車苦手なのか?
しらんけど
29   2018/08/10(金) 22:58:18
>>21
今期だけで見れば横歩の先手番勝率0.549
角換わりの先手番勝率0.479

後手なら横歩より角換わりの方がええんちゃうか?
30   2018/08/10(金) 22:59:28
>>23
中飛車には37(73)銀から速攻狙い
その他の振り飛車には穴熊採用してるで
32   2018/08/10(金) 23:00:25
>>29
サンガツ
角換わりって先後同型のイメージがあるから先手有利だとばっかり(低級並みの感想)
33   2018/08/10(金) 23:00:31
>>29
後手角換わりといえば
あの77同飛成はやばかったな
35   2018/08/10(金) 23:01:03
>>25
師匠とはあんまり指してないと思うで
棋界に振り飛車党で強い人が久保菅井くらいしかいないからあんまり研究してないんちゃうか
永瀬とか若手が裏芸で振るかもしれんけど
39   2018/08/10(金) 23:04:03
>>35
超速で65金って叩く変化あるんだけど
藤井七段が師匠の横から言った手らしいで
ソースは師匠の本
40   2018/08/10(金) 23:04:09
>>32
管見やけど最近の角換わりの後手は千日手狙いが多い
先手が無理に仕掛けざるを得ないから勝率が悪いんやない?
41   2018/08/10(金) 23:04:54
>>39
なんやその手は…
42   2018/08/10(金) 23:05:13
>>38
結局金を取るタイミング無かったのは驚いたンゴ
43   2018/08/10(金) 23:06:15
>>41
長くなるけど書いてええか?
44   2018/08/10(金) 23:06:53
>>43
興味あるで
できたら局面もハラデイ
45   2018/08/10(金) 23:09:03
為になるレスとかサンガツやで
>>20の続きいくで

対抗系での戦型選択





これに関しては藤井七段の、というより振り飛車側の戦型選択

後手ではゴキゲン中飛車が多く、先手では四間飛車が多いが他は同数であった

藤井七段は上述のように、中飛車相手には銀を繰り出す速攻、他の振り飛車相手には穴熊を採用する事が多かった
47   2018/08/10(金) 23:10:14
>>42
光速どころやないでほんま
48   2018/08/10(金) 23:10:21
>>45
銀を繰り出す速攻=要するに超速やね
49   2018/08/10(金) 23:11:41
>>48
超速37銀もそうやけど左銀を77〜66に使う将棋も多い印象やったな
50   2018/08/10(金) 23:12:50
>>49
なるほど
二枚銀で中央を狙うイメージやろか
51   2018/08/10(金) 23:15:38
>>44

▲2六歩 △3四歩 ▲7六歩 △5四歩 ▲2五歩 △5二飛 ▲4八銀 △5五歩 ▲6八玉 △3三角 ▲3六歩 △4二銀
▲3七銀 △5三銀 ▲4六銀 △4四銀 ▲7八玉 △6二玉
▲6八銀 △7二玉 ▲7七銀 △5六歩 ▲同歩 △同飛
▲5五歩打 △同銀 ▲4五銀 △5七飛成 ▲5八金右 △5六銀
▲5七金 △同銀成 ▲6六銀 △(6五金)
同銀から角を交換して55角で後手勝負できる
これで従来とれないとされていた5筋の歩
をとれるかもしれないとのこと


52   2018/08/10(金) 23:18:29
後手横歩は得意苦手というよりは戦法的に不利って見解が優勢じゃなかったかな
昔は強かった時期もあるしあくまで今の研究範囲ではだろうけど

順位戦で佐々木勇気君より先に上がってしまうと勇気が憤死しそうなんで出来れば2期かけて上がっていただければありがたいです
53   2018/08/10(金) 23:19:43
>>51
サンガツ
これで先手が負けたらやってられんって思ったけど
意外と対応難しいんやね
54   2018/08/10(金) 23:22:26
>>51
はえ〜こんな順があるんや
先手からしたら怖すぎや
55   2018/08/10(金) 23:24:45
>>54
まあ44銀対抗が減ってるからあんま合わんとおもうで
56   2018/08/10(金) 23:25:36
>>52
85飛やら72銀〜飛車ぶつけやら後手がいいとされてる変化はいくつかあったし
今流行りの青野流も対抗策が出てきたらまた趨勢が変わるんじゃないかなぁ
プロの横歩は見てるぶんには楽しい
57   2018/08/10(金) 23:28:05
>>55
中飛車は自分で指す時は66歩突いて持久戦にするしプロの急戦調の将棋はよく分からんでほんま
もしワイが棋譜コメント書いたら全部「はえ〜こう指すもんなんや」になるで
58   2018/08/10(金) 23:29:00
勇気くんは天才型って聞いたし藤井くんには対抗心あるやろなぁ
59   2018/08/10(金) 23:31:18
続いて藤井七段が負けた15局の戦型





なんと振り飛車相手には先手で負け知らず
先手で負けた相居飛車の将棋も地球代表深浦九段と若手強豪の大橋四段が相手と、先手の藤井七段に勝つのは中々に難しい事がわかる
60   2018/08/10(金) 23:31:38
>>57
超速から穴熊の手順とかあるんだけどこれは中飛車の権利だからね…
超速は薄い囲いで勝ちきれないときつい対策なんだいねえ
62   2018/08/10(金) 23:35:05
>>59
上村かわいそう
63   2018/08/10(金) 23:35:35
>>60
薄い囲いで勝負になると経験が活きないから難しいわ
それこそ藤井くんが思いついた65金みたいな手なんてワイには思いつきもせん
64   2018/08/10(金) 23:37:20
>>62
銀河戦やし多少はね?
もちろん上村四段が弱いと思ってるわけちゃうで
65   2018/08/10(金) 23:38:43
>>64
せやな
67   2018/08/10(金) 23:45:18
最後にかなりコアなデータ、先後別に6手目までの進行を





奇数手が藤井七段、偶数手が対局相手の指し手

まず初手と3手目を見てみると手順の違いはあるものの、76歩と26歩を必ず指している
そして4手目に対応する手もほぼ決まっているのが分かる
なお4手目44歩に対する応手は、2017年の7月あたりまでは25歩が4/5と多かったが、その後は48銀と上がる手が8/9になっている
飛車先を決めない方が特だとみたのだろう
68   2018/08/10(金) 23:48:37
これはすごいデータやわ
69   2018/08/10(金) 23:49:05
後手はこちら




偶数手が藤井七段

後手番では必ず2手目84歩と突いている
100局目に勝利した時のインタビューで記者の人がその理由を聞いていたが絶対に答えづらいと思う
70   2018/08/10(金) 23:55:51
以上や

そしてなんと明日11日は藤井七段の101局目となる叡王戦七段予選、藤井七段vs木下浩一七段戦が行われるんや!
木下七段はオールラウンドプレイヤーとの事なのでどんな作戦を用意してきているのか、とても楽しみや
71   2018/08/10(金) 23:56:58
そんなことよりA級順位戦11連敗が目前の阿久津君を応援してあげて
72   2018/08/11(土) 00:02:46
>>71
ダメみたいですね…

コメントする

名前
 
  絵文字